採用情報

文字サイズ

標準

ハンバーガーメニュー
閉じる

放射線室

背景
HOME 診療科案内 放射線室

放射線室について

放射線室では医師の依頼による、一般X線撮影、X線TV撮影、マンモグラフィ検査、骨密度測定、CT装置等の検査を診療放射線技師2名(男性、女性、各1名)行っています。当院で医用画像診断支援システム(PACS)により撮影した画像は速やかに医師の元に届き患者様には待ち時間の少ない診療を目指しています。また、質の高い医療画像提供による診断精度の向上、医療被ばく低減等『患者様本位の医療』を目指し、技術と質の向上に向け努力しております。

医療設備・機器

  • 設備

    一般撮影装置

    一般撮影室では胸部、腹部、全身の骨、手の第2指撮影による骨密度測定を行います。当院ではCR(Computed Radiography)によりX線写真がデジタル化されており、撮影した後でも濃度やコントラストを目的に応じて変化させることが可能となりより精度の高い画像を得ることができます。

  • 設備

    X線テレビ

    X線テレビ室では食道、胃など主に上部消化管造影を行っています。

  • 設備

    乳房撮影装置

    乳房のX線撮影のことをマンモグラフィと呼び、専用の装置を使用して撮影します。乳房はそのまま撮影すると、乳腺や脂肪に腫瘍が隠れてしまうため、乳房を圧迫して撮影します。多少の痛みを伴いますが、圧迫し乳房を薄く均等に伸ばすことで乳腺組織の重なりを広げ、乳ガンの初期症状である微細な石灰化や、セルフチェックでは分かりにくい小さなしこりなどを観察することができます。また、当院では女性スタッフにより撮影を行っています。

  • 設備

    CT検査

    CT(Computed Tomography)検査とは身体を通過したX線の情報から臓器の断面像や3D画像などを作成し、一般X線撮影では困難な内部構造及び病気の状態を知ることができる検査です。当院では16列マルチスライスCT装置を導入しており短時間で広範囲撮影ができるため息止めが必要な撮影部位の場合、息を止める時間が短縮され、患者さんの負担を軽減することができます。